外壁診断士及び外壁アドバイザー

 
ご無沙汰しております。

先日、外壁診断士及び外壁アドバイザーの試験を受けに行きました。

私が試験を大の苦手なのは以前のブログから分かると思いますが、さすがにお客様に偉そうに講釈をする立場で、何も持っていないといないというのは、カリスマ美容師に匹敵するぐらい無礼と思い、受講する運びとなりました。


試験なるものは、文字通り、時に残酷で時間が足らない。

試験官の「はい。終わりです。」の一言までもが疑いで、、、

と言うのも、なぜあれだけ引っ掛け問題が多いのでしょうか。

なぜあのような緻密な引っ掛け問題を作りあげるのでしょうか。


私は自分で言うのも難ですが、意外と素直な人間なので、あれだけ引っ掛け問題だらけだと、作った人の人間性を疑います。


そもそも、試験はしっかりと覚えていることを前提とし、合否を決めることで、絶妙な場合などは調べて、他の方へ伝えるものと私は認識しています。


ですが、昨今の試験は絶妙かつ狡猾に出来過ぎで、時間の足らないこと。。


「はい。おわりです。」の「。」の部分まで時間を使ってなんとか解答を埋めることは出来ました。


結果は分かってはいますが、しかしながらひやひやものです。




ちなみに合否の結果ですが、、、


次回のお楽しみにしておきます(笑)