屋根材の寿命って知っていますか?

 
皆さんこんにちは。

茨城県古河市を拠点に、関東地方で屋根工事・屋根リフォーム・外壁塗装を行っている屋根の新栄です。  


屋根は、雨や風、日射などから家全体を守る大切な役割を果たしています。

しかし、劣化が進むとヒビ割れなどが起き、家の天井や壁にも影響が出てきてしまいます。

大きな被害が起こる前にきちんと修理することが必要です。 

 そこで、丈夫で長持ち、耐震性も高い「T・ルーフ」をご紹介します。

屋根をリフォームしようとするとき、どのようなことに着目すればよいのでしょうか。屋根にはさまざまな材質がありますが、性能や耐久性など材質ごとの特徴を知った上で選ぶことが大切です。代表的な屋根材として瓦がありますが、瓦は耐火性が高く、50〜100年ほど使える丈夫な屋根材です。しかし、瓦は重さがあるため、家全体の構造や地盤の強さなども考慮しないといけません。また、安価なことで人気の化粧スレートという屋根材は、比較的軽いものの10年程度でメンテナンスが必要となり、断熱性も低いとされています。 

 そこで注目されているのが、瓦よりも丈夫で化粧スレートよりも軽い、機能性にすぐれたT・ルーフです。



T・ルーフはガルバリウム鋼板という耐久性にすぐれた素材を使用しており、表面は天然石でコーティングされています。重さは化粧スレートが1平方メートルあたり約20キログラムなのに対してT・ルーフはわずか7キロしかないため、地震のときも建物への負担が軽く、耐震性にすぐれています。表面の天然石が雨の音を吸収するため、雨音が響かないようになっているもの特徴のひとつです。  

修理は基本的に不要で、耐用年数は30年以上とされています。屋根材と下地の間に空気層があるため、下地そのものや下地を支える板も劣化しにくくなっています。ほかの安い屋根材に比べると設置費用はかかるかもしれませんが、長期的に考えればとても経済的な屋根材なのです。  

また、T・ルーフには4色の天然石を組み合わせた豊富なカラーバリエーションがあり、どのような家にも合う3種類のオシャレなデザインから選べます。既存のスレート屋根の上から重ねて設置するカバー工法も可能なので、費用を抑えつつ短期間でリフォームすることができますよ。



 T・ルーフは軽いので耐震性が高く、定期的な修理も必要ない丈夫で頼もしい屋根材です。そろそろ屋根のリフォームをしようと思っている方は、機能性やデザイン性にすぐれたT・ルーフをぜひご検討ください! 


 ※お問い合わせは、以下のフォームより承っております。

 http://www.shinei-group2004.com/inquiry/